まずはプロミス!

私は様々な消費者金融にお世話になりましたが、中でもプロミスは印象が良かったです。

何故そう思ったかというと、まずは対応が良かったです。
プロミスの人たちの誰もが言葉づかいや態度がしっかりしていました。
特に対応がいいなと感じたのは完済をしたときのことです。
他社では完済することを告げると、すごく嫌な顔をされました(それも大手で複数)。
これは完済してしまうと消費者金融の儲けがなくなるからです。

しかしプロミスはそんなことはありませんでした。
嫌な顔をせずに笑顔で
「ありがとうございました」
と言ってくれました。
やはり接客に対してきちんとしているなぁと心から思いました。

「また消費者金融からお金を借りる」
もしくは
「まず消費者金融を選ぶとするなら」
ということならばプロミスを選びます。

これは先ほど述べた対応の面もあるのですが、
他にも入金が早いということがあります。
入金が早いというのは、三井住友銀行かジャパンネット銀行ならばネットからすぐに振り込みをしてくれる「瞬フリ」というものがあります。
しかも無料です。
土日など関係なくすぐに振り込みをしてくれます。
(ただし三井住友銀行・ジャパンネット銀行以外は土日に振り込みはできず翌営業日になります)
引き落としのお金を入れるのがめんどくさいときとかに便利なサービスです。

こういう点から消費者金融が初めての人はまずプロミスをオススメします。

また消費者金融以外でお考えの方はこちら→銀行でお金を借りる※その日に借りれる低金利の銀行はココ!

プロミスで借りてみた。。

わたしの経験談から、消費者金融やカードローン会社からお金を借りる時の注意点をまとめてみました。

審査ではじかれてしまうという事を避けるために気をつけなければいけないことを紹介します。

まず第一に、一度に何社もの融資を申し込まないという事です。

これは、どの金融会社の申し込みページも書かれていることですが、融資の申し込みをすると、信用情報機関に申込者の信用情報が照会されます。

ちなみにこの信用情報機関とは、「日本信用情報機構」と「シー・アイ・シー」という2つの会社のことで、申込者の他社からいくら借入をしているか、支払い遅延などの履歴があるか、などの情報が登録されています。

問題なのは、融資の申し込みをしたという事実も、約6ヶ月間登録されるので、複数社に同時に融資を申し込むと、その事実も金融会社が知ってしまうということです。

ブラックリストでも融資出来る?ブラックに関する情報はならココ

その事実を知った金融会社は、どう思うでしょうか?

かなりの確率で返済能力に問題があるという風に取られてしまうでしょう。

ですから必要な時であっても、多くても同時に申し込むのは2社ぐらいに留めておいたほうがいいと思われます。

通常では、審査に通るもののあまりに多くの会社に申し込んでいるとはじかれることがあると友人が言ってくれたので、借りる時問題はありませんでした。

次に、“自分の情報を事実を正しく入力する ”という事も大切です。

融資の申し込みページには、必ず「他社からの借入総額」や「借入件数」を入力する項目があります。

この情報も、金融会社は入力された情報が正しいか照会をかけます。ですから、事実と異なっていう事が判明したら、当然の事として、信用度が落ちてしまい、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

また、勤務先についても必ず在社確認をするので、正しい情報を記入しなければなりません。

全ての事が確認されるということを考えると、正直に自分の情報を記入するということが、自分にとっても金融会社にとっても良いということができると感じました。

主婦でも借りられる消費者金融※家族に内緒で借りれます!

融資が早い即日融資商品の金利は?

とにかく「今すぐお金を何とかしたい‥」。

あまりこうした切羽詰まった状態になる事はないですが、時として結婚式が重なるとか、つき合いが多い月等は仕事をしていると意外とありますから「給料日まで足りない‥」という事も当然ありますよね。

そんな時に役に立つのが即日融資で、何よりスピード重視で即日融資商品を選ぶなら消費者金融業者がお勧め。

安心の借入はこちら→銀行からお金を借りる※主婦にも大人気!低金利だから安心です

もちろん、金利等を考えた場合は銀行の即日融資等も大変魅力ですが、何よりスピードを重視する場合は、消費者金融業者の即日融資がお勧めです。
お金を借りる上で金利は重要なポイントなので、金利の部分もやはり融資を利用するにあたりきちんと認識する必要がありますが、そんなスピード融資が実現する消費者金融業者の金利は総合的にみると幅があり「3.5%~18.0%」となります。

即日融資は、同じ系統の金融業者でもやはり会社ごとに金利は違いますので「融資がすぐに必要‥」という場合でも金利の部分はしっかりと見比べて利用する事も大切です。
例えば、一番金利を低く即日融資を提供している場合で「3.5%~14.8%」となり、高い場合なら「6.3%~17.8%」となりますので、同じ消費者金融業者の場合でもこのように金利が異なり、それに伴い審査も同じ早いにしても若干異なります。

ただ、一般に融資に伴う審査の所要時間等は「金利が低め=審査が厳し目」「金利が高め=審査が柔軟」という事は多分に考えられるので、即日融資を消費者金融業者で申し込むにしてもこうした傾向も参考にしながら申込むと融資の可決率も高める事が出来ると思います。
つまり、消費者金融業者でも金利を低めに抑えて融資を提供する場は、金利が高めで審査もよりスピーディーに行う会社よりも若干審査は厳しい。

お金を借入する方の中には、やはりこうした審査傾向が気になる方もおられると思いますので、審査の柔軟な融資会社がイイという場合は、金利が若干高めに設定しているスピードのある消費者金融業者の即日キャッシングを選び、他に借入もないし、今までトラブルもないという方は、消費者金融業者でも低金利の融資商品を提供する場での申込みがお勧めです。

ブラックokの消費者金融※本当にそこは安心して借入出来ますか?

モビットのWEB完結申込

消費者金融の中でも、モビットを選択する方は多いです。
モビットの売りはやはりネット対応とスピードです。

Web完結で借り入れ可能で、大手企業で実績があり安心、審査は高速で、当日融資も条件次第で可能、当日融資には14:50までの振込手続完了が必要です。

申込から契約完了・融資の一連の手続きが全てネット上で完了出来るようになっており、書類のやり取り等もメールで出来ますし、手続きの簡素化に力を入れていますから、時間の無い方でも安心して活用出来ます。

Web完結の申し込みはPCからのみの扱いです。

モビットのWEB完結申込のメリットとしては、電話審査がなく、職場への電話審査もなし、自宅へ郵便物が届く心配もなしと、誰かにバレたく無いという不安やニーズを満たしてくれる消費者金融です。

WEB完結申込は、プライバシーを完全に守られ、簡潔・スピーディーに手続きを行う事が出来ます。

昔、はまりました

別に給料が少なかったわけでは無いのです。

ただ、当時は若く、仕事も超忙しく、お金を下ろすのも面倒と感じていたのでしょう。毎日残業で、お金は一杯あったと感じていたのでしょう。なので、お金を使うときにはクレジットカードを多用していました。最初は、新入社員なので一枚しかクレジットカードは持っておらず、限度額もしれているので問題なかったのです。

そうこうしているうちに30代が近づいたとき、社会人的にも信頼が得られてきたこと、かつ、いろんな買い物をいろんな店でするようになっていき、その店毎に進められるままメンバーカード、特にクレジット付きのカードを登録しまくりました。

そういうことで破綻がくるわけです。複数のクレジットカードによる一括払い、リボ払い。繰り返す毎に自分でも一ヶ月の支払いが給料に対してどれくらいなのかわからなくなってきたわけです。

結果として、キャッシングに手を出したわけです。当初は、有名なカード会社のキャッシング。そこから始まって、とうとう当時のサラリーマン金融系のカードも契約して借りました。

ここからですね。破綻したのは。なんと言っても当時は利率が数パーセントから20パーセントもありました。それも金額が増えれば、それだけ利率が上がる方式。どんどん利息がかさみ。給料ぎりぎりでの生活になってしまいました。それをボーナスで補填する生活。もう、本当に自転車操業状態でした。

それを救ってくれたのは、当時、知り合った友人に相談したことで、何とかお金を借りて無利子で返す方法で人生が助かった記憶があります。信頼できる友達は何よりも大切に感じました。

今ではキャッシングは全くしない生活になりました。ただし、クレジットカード自体はポイントも付くしお金を持ち歩かなくて良いので、今でも利用のメインは現金では無く、クレジットカードです。しかも、リボは使わず一括払い。実際、昔はクレジットカードを利用できる店はあると言っても限られていたのですが、最近ではスーパーでも利用できるようになりました。
とても便利な世の中になっています。

来店不要の即日融資

来店不要の即日融資とは、今皆さんが知る大抵の即日融資が来店不要の即日融資といえるでしょう。

即日融資は、当然ですが即日に融資を実現します。

即日に融資を可能とする事は、その融資会社のエリアに住んでいる人ばかりが申込むとは限りません。

つまり、すべての方が融資の申込みに伴い店舗へ出向けるわけではなく、それでも即日に融資を実現していますので、即日融資とは店舗に行かなくても融資を実現する事が出来るのです。
ただ、申込みに伴いより早く融資を実現したいという場合には、店舗に行く事によりその場で申込みを行い、審査を待つ事によって審査が可決すれば融資が実現しますので店舗で待っているとその場で融資も行われ、スピーディーに融資が受けられます。

この要に即日融資は、店舗に出向く必要のない即日融資商品でどの即日融資商品でも各業者の店舗に行く必要なく融資を利用できます。
そもそも即日融資の申し込みには、店舗での申込、契約はもちろんですが、電話により申込みと郵送による契約が可能です。

また最近はネットでの申込と契約も可能で、自動契約機での申込と契約も可能です。
即日融資は、利用に際し色々な申込方法と契約方法が可能ですので、どのような方法でも利用出来ます。

中には、こうした融資を利用した事が無い方もおられると思いますし、そうした方の場合は「即日融資は来店しなければいけない?」とお考えの方もおられるかと思いますが、申込方法や契約方法は色々な方法がありますので、自分の利用しやすい方法により申込み、契約する事が出来ます。
即日融資商品自体も様々な金融機関や金融業者によって提供されており、融資商品自体も非常に様々な融資があります。

限度額30万円程度の信用金庫による即日融資や限度額500万円の銀行融資、更には信販系消費者金融業者の800万円の最高限度額の即日融資もありますので、即日融資は利用する側のニーズに合う融資を見つける事が出来ますし、申込は大抵ネットや携帯ですべて完了する融資商品ばかりですから来店する必要がありません。